ホーム » ゲーム » コール オブ デューティ ヴァンガード » コール オブ デューティのローンチ売上は英国で昨年と比較して 40% 減少

コール オブ デューティのローンチ売上は英国で昨年と比較して 40% 減少

コール オブ デューティのローンチ売上は英国で昨年と比較して 40% 減少
『コール オブ デューティ』シリーズの最新作『コール オブ デューティ: ヴァンガード』の英国での発売時の売上は、前作『コール オブ デューティ: ブラックオプス コールドウォー』の初週と比較して 40% 減少しました。
YouTubeビデオのカバー画像
最新の GSD データで報告され、GI.biz の友人たちが発見したように、ヴァンガードは依然として先週最大の売上を記録したゲームであり、言うまでもなく、今年 2 番目に大きなゲームの発売でした。発売時の売上をさらに伸ばしたのは FIFA 22 だけです。
しかし、たとえ第二次世界大戦ゲームが伝統的にシリーズの現代戦争物語よりも好成績を収めなかったとしても、ローンチ売上の 40% 減少は Blizzard Activision にとって失望となる可能性が高い。
「ヴァンガードはうまくいくと思います – コール オブ デューティはうまくいきます!」 Wes は の Call of Duty: Vanguard のレビューに書きました。 「そのゲーム内ストアでは、第二次世界大戦のオペレーター向けのばかげた衣装が販売される予定です。高価な武器スキンにより、お金がどんどん入ってきます。コール オブ デューティのメニュー画面が拡大するにつれて、確実なものに向かう中でも、戦うための新たな前線が追加されます」厳しい冬になるだろうが、ヴァンガードは戦争遂行のためにできる限りのことをするだろう。
「しかし、原作とは異なり、『ヴァンガード』は記憶の中に長くは残らないだろう。」

「コール オブ デューティのローンチ売上は英国で昨年と比較して 40% 減少」に関するベスト動画選定!

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア シーズン1〜6 まとめ シネマティックトレーラー【日本語】- EAA!!
【絶望】コールオブデューティーの売上が・・・PS5の台数が・・・【ゲーム売上ランキング】