ホーム » ゲーム » コール オブ デューティ ウォーゾーン » レポート: Call of Duty: Warzone、第二次世界大戦の太平洋戦域を舞台にしたヴァンガードをテーマにしたマップを入手

レポート: Call of Duty: Warzone、第二次世界大戦の太平洋戦域を舞台にしたヴァンガードをテーマにしたマップを入手

レポート: Call of Duty: Warzone、第二次世界大戦の太平洋戦域を舞台にしたヴァンガードをテーマにしたマップを入手
新しいレポートによると、『Call of Duty: Warzone』には第二次世界大戦の太平洋戦域を舞台にしたヴァンガードをテーマにしたマップが登場するとのこと。
VGCは、Sledgehammerの第二次世界大戦をテーマにしたプレミアムエントリー「コール オブ デューティ ヴァンガード」の11月のリリースに合わせて、バトルロイヤルには「シリーズ史上最大かつ最も野心的な」全く新しいWarzoneマップが追加されると述べた。
YouTubeビデオのカバー画像
現在の 1984 年バージョンのヴェルダンスク マップは、Treyarch の『Call of Duty: Black Ops Cold War』がリリースされてから半年後の 4 月に公開されました。
VGC によると、この新しい太平洋マップには新しい車両が含まれています。重要なのは、Vanguard は 2019 年の Modern Warfare と Warzone 用に構築された技術 Infinity Ward に基づいて構築されているため、WW2 シューターとの統合は現在の Black Ops Cold War よりも簡単になるはずです。
Vanguard の発表は E3 ではなく、夏の後半にゲーム内 Warzone イベントで行われる予定です。
VGCによると、『コール オブ デューティ ヴァンガード』は現行機と前世代機で11月に発売され、キャンペーン、マルチプレイヤー、ゾンビなどが特徴だという。このキャンペーンは第二次世界大戦のヨーロッパと太平洋の戦域を舞台とし、そのプロットは現代の連合国特殊部隊の起源を中心に展開します。
は、VGC のレポートの詳細が正しいことを理解しています。アクティビジョンはまだコメントしていない。 Warzone のシーズン 4 は、明日の夜の Summer Game Fest キックオフ ライブ イベントで公開されます。

「レポート: Call of Duty: Warzone、第二次世界大戦の太平洋戦域を舞台にしたヴァンガードをテーマにしたマップを入手」に関するベスト動画選定!

2021年 新作CoD:Vanguardのワンタイムイベント!『第二次世界大戦にタイムスリップ!!w 報酬がマジで凄い!!』【CoD:WarZone:実況者ジャンヌ】
【無料:CoD】第二次世界大戦の新作CoDバトロワ!”WARZONE PACIFIC”『戦闘機が空中で飛び回る戦場』【実況者ジャンヌ】