ホーム » ニュース » EA、独占契約終了にもかかわらず「スター・ウォーズ」タイトルの開発を進める

EA、独占契約終了にもかかわらず「スター・ウォーズ」タイトルの開発を進める

 EA、独占契約終了にもかかわらず「スター・ウォーズ」タイトルの開発を進める
数週間前、我々は、スター・ウォーズのゲームがEAによって独占的に作られてきた長い期間を経て、ユービーアイソフトスタジオマッシブ・エンターテインメントがオープンワールドのスター・ウォーズタイトルに取り組んでいることを聞き、EAとディズニーとの10年間の独占契約は継続されないことを示唆した。延長される。それにもかかわらず、EA はまだ多くのスター・ウォーズ プロジェクトを進行中であるようで、速度を落とすつもりはありません。
YouTubeビデオのカバー画像
昨夜の決算会見で最高経営責任者(CEO)のアンドリュー・ウィルソン氏は、EAの『スター・ウォーズ』タイトルが「純予約額で30億ドル(22億ポンド)以上」を稼ぎ、合計5200万本を販売したと述べた。モバイル ゲーム『スター・ウォーズ: ギャラクシー・オブ・ヒーローズ』だけでも 10 億ドル (7 億 3,300 万ポンド) の価値があるフランチャイズであり、ウィルソン氏は、EA が『スター・ウォーズ: 旧共和国の騎士団』を含む他の成功したスター・ウォーズ タイトルのポートフォリオを作成していることを強調しました。 . バトルフロント、ジェダイ:フォールン・オーダー、そして最近ではスコードロン。
「私たちはそのフランチャイズの非常に強力な部分を確立したので、将来に向けてそれらとプラットフォーム全体でのいくつかの新しいエクスペリエンスへの投資を継続することを期待してください」とウィルソン氏は述べました。 「…他の人がスター・ウォーズのゲームを開発するという事実が、その IP に対する私たちの取り組みや、適切な数のゲームを構築する能力に変化をもたらすとは考えるべきではないと思います。」
「私たちがスター・ウォーズとの関係に今後も投資し続けることを期待してください。これは非常に利益をもたらしています…そして私たちは将来何ができるかに興奮しています。しかし、これを必ずしも私たちのことであると解釈すべきではありません」少ないタイトルを構築します。」
もちろん、EAとのスター・ウォーズ契約は同社にとって利益をもたらすものではあったが、相応の論争がなかったわけではない。 『Star Wars バトルフロント 2』のルートボックスをめぐるドラマは、複数の政府にその仕組みの調査を迫るのに十分だった一方、いくつかの有望な Star Wars ゲーム (Visceral の Project Ragtag など) は日の目を見ることなく閉鎖されました。しかし最近では、『Star Wars バトルフロント 2』が挽回されたようで、フォールン・オーダーとスコードロンの両方がプレイヤーからより温かい歓迎を受けています。 EA がフォールン・オーダーの続編を開発中であることを強く示唆していることから、おそらく EA の『スター・ウォーズ』の未来は結局のところ明るいものに見えるのかもしれない。
他のスター・ウォーズのニュースでは、EA 以外のスタジオが新しい Star Wars: Knights of the Old Republic タイトルを開発していると伝えられていますが、どのスタジオがそれを作っているのかは「決して推測できない」ようです。

「 EA、独占契約終了にもかかわらず「スター・ウォーズ」タイトルの開発を進める」に関するベスト動画選定!

スター・ウォーズ/最後のジェダイ | 予告編 | Disney+ (ディズニープラス)
『スター・ウォーズ』シリーズ最新作映像解禁! 映画『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』(原題)特報