ホーム » ニュース » MP法案はPlayStation 5の価格スキャルピングを狙う

MP法案はPlayStation 5の価格スキャルピングを狙う

 MP法案はPlayStation 5の価格スキャルピングを狙う
英国でコンソールのスキャルピングを議論するための早期動議が作成されたことを受けて、国会議員は現在、この問題に取り組むための法案の起草を始めているようだが、近い将来何かが法律になるという期待は抱かない。
この法案は「ゲームハードウェア(自動購入および再販)法案2019-21」と名付けられ、スコットランド国民党のダグラス・チャップマン議員によって下院に提出された。同法案は、チケットの客引きと同様の方法でゲーム機のスキャルピングに取り組むことを望んでいる。この法案は2月3日に議会に提出され、現在出版の準備が進められている(下院での第2読会と討論の日程はまだ決まっていない)。
YouTubeビデオのカバー画像
この法案はいわゆる民間議員法案であり、これを提出する議員が閣僚ではないことを意味し、そのため政府が支援する公共法案より可決の可能性が低い。それでも、民間議員の法案は問題への注目を集めるのに役立ち、より間接的に立法につながる可能性がある。ここで法案の進捗状況を追跡できます。
チャップマン氏はスカイニュースに対し、この法案によって政府がこの問題について「責任を取る」よう促すことを期待していると語った。
「私たちは、消費者がメーカーの推奨価格を超えずにゲーム機やコンピューターのコンポーネントを購入できるようにするため、また、自動ボットによって購入された商品の再販を確実にするために、(チケットの客引きに取り組む法律と)同様の立法プロセスを前倒しすることを提案しました。違法とされるだろう」とチャップマン氏は語った。
合計32人のメンバーが署名した早期動議に応えて、キャロライン・ディネネージデジタル・文化担当大臣は、当局者が「この問題についてビデオゲーム業界の業界団体と話し合っている」と述べた。
「自動ボットを通じた大量購入が一部の会員にとって懸念事項であることは承知しており、現在こうした行為を防ぐためにさらなる措置を検討しており、顧客エクスペリエンスを向上させるために小売業者と協力していると理解しています。」
ここ数カ月間、コンソールとグラフィックスカードの両方のスキャルピングが大きく報道されており、ゲーム機の不足は2021年まで続くとみられており、この問題は衰える兆しが見えていない。先月末、アルゴスは、ダフ屋グループがPlayStation 5が正式に販売される前に同社の在庫をかき集めていたことを発見したが、GAMEは、1日でPlayStation 5本体を2000台拾ったというダフ屋グループの主張を軽視した。

「 MP法案はPlayStation 5の価格スキャルピングを狙う」に関するベスト動画選定!

新型PS5 価格や発売日、重さやサイズなど旧型との変更点は?
【100円で】PS5ゲット?!【姉がアホすぎて辛い】