ホーム » ゲーム » シフ » Sifuプロデューサーは発売時に難易度オプションがないことを確認

Sifuプロデューサーは発売時に難易度オプションがないことを確認

 Sifuプロデューサーは発売時に難易度オプションがないことを確認
Sifuのプロデューサーであるピエール・タルノ氏は、その独特の老朽化したメカニズムの詳細に従って、ゲームには発売時に難易度オプションが含まれていないことを認めました。
ローグライク ゲームプレイにひねりを加えたもので、プレイヤー キャラクターは死ぬたびに老化し、能力に影響します。 MP1st のインタビューに応じた Tarno 氏は、ゲームを老化させることなく完成させることができるかどうか尋ねられ、「はい!」と答えました。
ただし、開発者の Sloclap はプレイヤーにゲームの過程で学習して適応してもらいたいと考えているため、最初は難易度のオプションはありません。
YouTubeビデオのカバー画像
「私たちはシフがプレイヤーたちに挑戦し、彼らが学び、改善し、適応することを奨励したいと考えています」とタルノ氏は語った。
「死から立ち上がる能力は、困難に直面したときに何度も失敗して再試行できるため、新しいプレイヤーを助けます。しかし、間違いの代償は急速に増加し、ゲームを完全に完了するには、ゲームをマスターする必要があります。戦闘システム。」
MP1st では、発売時には難易度オプションは含まれないが、後で実装される可能性があることを確認しています。
最近の PlayStation Blog では、Sifu のユニークな仕組みについて詳しく説明しています。プレイヤーキャラクターは生命を癒すことができる古代のペンダントを持っていますが、復活するたびに老化します。年齢を重ねると健康と引き換えに攻撃力が増す。
プレイヤーが死ぬほど年齢が上がります。最初は 1 歳、2 回目の死亡では 2 歳の年齢差が生じます。
さらに、復興には限られたリソースがあります。最終的にキャラクターは死亡し、決定的なゲームオーバーに達し、章の再開を余儀なくされます。
これらの仕組みは興味深いものではありますが、ゲームの難しさに疑問を投げかけています。 Slocap はオプションなしで難易度曲線を確立することにしているようです。
これは、ゲームの難易度を人為的に高めるセーブ機能が含まれていないことで批判された、別の PlayStation 専用ローグライクである Returnal と同様の状況です。この問題は最近のアップデートで修正されました。
『Sifu』は、予定より 2 週間早く 2 月 8 日に PlayStation コンソールと PC でリリースされる予定です。

「 Sifuプロデューサーは発売時に難易度オプションがないことを確認」に関するベスト動画選定!

【SIFU -師父-】クリア後やり込み要素となるアプデ内容解説
🔴【Sifu】Day 1 愈死愈老既GAME,為何我愈玩愈後生? 📅7-2-2022 22:00