ホーム » ニュース » Xboxとコジマが出版契約について交渉中と報じられている

Xboxとコジマが出版契約について交渉中と報じられている

 Xboxとコジマが出版契約について交渉中と報じられている
伝えられるところによると、Xboxと小島秀夫の間で出版契約を獲得することを目的とした交渉が進行中であるとのこと。
ベンチャービート社は、4月に両社の合意計画の可能性について最初に報じたが、現在は協議が進んでおり、法務チームが詳細を詰める間に意向書に署名する段階まで進んでいると述べている。
これにより、開発作業は当面継続することになります (Xbox の責任者であるフィル スペンサー氏は引き続きコジマ プロダクションのフィギュアを棚に展示し続けることになります)。
YouTubeビデオのカバー画像
そうは言っても、このプロジェクト自体はまだかなり曖昧に聞こえ、Venturebeat は小島氏がマイクロソフトのクラウド テクノロジーによって提供される可能性を探ることに関係していると指摘している。意向表明書に関しては、結局のところ、Xbox 用のゲームを制作するという署名済みの契約には程遠いです。
「最も基本的なレベルでは、意向書はまさにそのようなものです。2 つ(またはそれ以上)の当事者が、より正式な合意を結ぶ『意図』を示す手紙です」と、弁護士でありポッドキャスト Virtual Legality のホストであるリチャード・ホーグ氏は次のように述べています。ユーロゲーマーに語った。
「書簡には通常、双方が協力したいという声明と、その協力に伴う可能性のある内容(提供される成果物、作業スケジュール、報酬などの点で)の説明、そして一定の制限が含まれる。注目すべきは、一般的に当事者を「拘束する」のは最後のカテゴリーにすぎず、機密保持、当事者がプロジェクトを他の人に購入する方法と時期に関する制限、立ち去った場合の潜在的な罰則などが含まれます。 LOI は、弁護士が実際の (または「最終的な」) 契約書を作成するためのロードマップとして読むのが最善です。」
小島氏は昨年10月、東京に拠点を置く彼のスタジオで新たな人材募集が行われた際、新たなプロジェクトに取り組んでいることを認めた。
昨夜、Venturebeatは、小島氏とXboxの間の交渉は「何か月も」続いており、先週、新しいXboxクラウドゲームパートナーシップを監督するためにPortal開発者のキム・スウィフト氏を雇用し、小島氏のプロジェクトに取り組むことになったと報じた。
もちろん、小島氏はつい最近、プレイステーション 4 向け『デス・ストランディング』をリリースするためにソニーと提携した。2020 年 5 月、小島氏は、『デス・ストランディング』は開発が長引いたにもかかわらず成功し、プレイステーション向けの予算を取り戻したと主張した。しかし、次に何が起こるかというと、小島は最近「大きなプロジェクト」がキャンセルになったことを認めた。 「かなり腹が立ったが、それがあなたにとってゲーム業界だ」と彼は書いた。
それでも、プレイステーションとコジマの関係は完全に切れたわけではない。先月、小島氏は『デス・ストランディング』PS5ディレクターズカット版を公開し、その完全な公開は「数週間先」だと述べた。
最後に、私たちが繰り返し聞いているように、インターネットがあなたに何を信じさせているかにもかかわらず、小島氏は Blue Box Game Studios の PS5 ホラー ゲームである Abandoned とは何の関係もありません。

「 Xboxとコジマが出版契約について交渉中と報じられている」に関するベスト動画選定!

渋谷会【無料体験講義】R05宅建基幹講座《権利関係編 第1回》「契約の成立」《#879》
「贈与者の引渡義務」宅建 毎朝一問《権利関係》《#467》