ホーム » ゲーム » アバター フロンティア オブ パンドラ » ユービーアイソフトのマッシブ・エンターテインメント・スタジオ責任者デヴィッド・ポルフェルド氏が「他の挑戦を追求する」ため辞任

ユービーアイソフトのマッシブ・エンターテインメント・スタジオ責任者デヴィッド・ポルフェルド氏が「他の挑戦を追求する」ため辞任

ユービーアイソフトのマッシブ・エンターテインメント・スタジオ責任者デヴィッド・ポルフェルド氏が「他の挑戦を追求する」ため辞任
Massive Entertainmentの責任者であるDavid Polfeldt氏は、「他の課題を追求する」ためマネージングディレクターを辞任する。
ポルフェルド氏は、今後の『アバター』ゲームを担当するユービーアイソフトチームのリーダーであり、『ディビジョン』などのタイトルでも率いていたが、「ユービーアイソフトで新たな冒険に乗り出す」前に「長い休暇」を取っている。ポルフェルト氏はマッシブで17年間勤務し、そのうち12年間はマネージングディレクターを務めた。
YouTubeビデオのカバー画像
「スター・ウォーズと契約し、2020年についに美しい建物『エデン』を完成させたとき、かつて夢見ていたものをすべて達成したかのような、圧倒的な完成感を感じました」と監督はユービーアイソフトのブログで語った(感謝、VGC)。
「『ディビジョン』、『アバター』、『スノードロップ』、『ユービーアイソフト コネクト』という強固な基盤の上に立つこのスタジオは素晴らしい状態にあります。私たちが一緒に成し遂げてきたことに心から感謝しています」とポルフェルト氏は付け加えた。 「ユービーアイソフトで新たな冒険に乗り出す前に、私にとって新しくてエキサイティングなことを試してみたいと思います。長い休暇をとりましょう。幸運を祈っています。また 2022 年にお会いしましょう。」
この記事の執筆時点では、ポルフェルト氏はその新たな冒険がどのようなものであるかについては詳しく述べておらず、ユービーアイソフトもポルフェルト氏の後任が誰になるのかを明らかにしていない。
ユービーアイソフトは2017年にジェームズ・キャメロン監督の映画『アバター』の新たなビデオゲーム化に取り組んでいることを認めたが、その後の4年間はそれ以外のことはほとんど語らなかった。 E3 2021 では状況が一変し、ユービーアイソフトは E3 ライブストリーム中に「アバター: フロンティア オブ パンドラ」と題されたアバター ゲームの最初の映像を公開しました。
ICYMI、ユービーアイソフトの社長イブ・ギルモ氏は最近、社内のさまざまなチーム内でのセクシャルハラスメントと有害な労働環境に関する昨年夏の壊滅的な報告以来、同社が成し遂げてきた進歩について説明する長い声明を発表した。これは、社内の多数の従業員による性的暴行や嫌がらせに関するショッキングな報告を受けて、同社が最小限の変更しか加えなかったとの報道を受けてのものであり、そのうちの一部は複数の上級従業員に対する告発もあった。当時トムが推測したように、辞任と解雇の波が続いた――公職に就く者もあれば、そうでない者もいた。

「ユービーアイソフトのマッシブ・エンターテインメント・スタジオ責任者デヴィッド・ポルフェルド氏が「他の挑戦を追求する」ため辞任」に関するベスト動画選定!

「ユービーアイソフトカンファレンス2019」日本語同時通訳付
『UBISOFT CONNECT』 ローンチ トレーラー