ホーム » ニュース » インテル最高経営責任者、世界的なチップ不足は2023年まで続くと改めて表明

インテル最高経営責任者、世界的なチップ不足は2023年まで続くと改めて表明

インテル最高経営責任者、世界的なチップ不足は2023年まで続くと改めて表明
Intelのパット・ゲルシンガー最高経営責任者(CEO)は、世界的なチップ不足は2023年まで続くと繰り返した。
メーカーが需要に応えるために生産拡大を急いでいるにもかかわらずだ。
日経が報じたように、同CEOは10月にも同様のコメントをしており、先週インテルがバックエンド製造能力の拡大を発表したことを受けてマレーシアを訪問した。
YouTubeビデオのカバー画像
ゲルシンガー氏は「全体的な半導体不足はかなり深刻で、新型コロナウイルス感染症以前には半導体業界は年間約5%成長していた」と述べた。
「新型コロナウイルスによりサプライチェーンが混乱し、マイナスに転じた…需要は前年比20%に爆発的に増加し、サプライチェーンの混乱により非常に大きなギャップが生じた…そしてその爆発的な需要は続いている。」
マレーシアでの拡張は、米国、欧州、アジアへの投資の一環であり、近い将来に新しい拠点が開設される予定です。
「急増に対応する能力を構築するには時間がかかるだけです」とゲルシンガー氏は言う。
世界的なチップ不足はコンソールとPCのグラフィックスカードの販売に大きな影響を与えており、ソニー、マイクロソフト、任天堂はいずれもコンソール生産への負担を理由に挙げている。
マイクロソフトは、最近の Halo Championship シリーズ イベントのために小売 Xbox コンソールを入手することさえできませんでした。
スクウェア・エニックスがMMORPGの高い需要に対応するための新しいサーバーを入手できず、一時的に販売が停止されているため、ファイナルファンタジー14にも影響が及んでいる。

「インテル最高経営責任者、世界的なチップ不足は2023年まで続くと改めて表明」に関するベスト動画選定!

半導体販売額 24年最高予測 EVやAI向け需要で【WBS】(2023年6月6日)
【東芝 大幸氏】2023年の半導体業界はどうだった?脱炭素・三次元チップレット・品不足…激しい動きの一年を総解説!【Rapidus】【TSMC】